86/BRZ タイヤ/ホイール

【ホイール】Weds Sport SA-15Rに決めるまでの葛藤と決め手

投稿日:2017年4月20日 更新日:

私のBRZには現在、Weds Sport SA-15Rというホイールを履かせています。

今では、

にゃん吉
履かせて正解だった!
にゃん吉
誰がどう見てもカッコイイだろ!

と自画自賛しまくってますが、実は、このホイールを履かせるまでにはたくさんの迷いがあり、葛藤がありました

 

そこで今回は、同じようにホイール選びに悩んでいる方に向けて、何か参考になれば幸いです。

関連記事【ユーザー目線】ホイールを選ぶ際に考えておきたいポイントと注意点(86/BRZ)

ただ、これだけは強く言っておきます。

最後決めるのはあなたです!なので、一個人の考えとして聞いてください。

スポンサーリンク

 

かっこいいホイールありすぎ

もうね、どこのメーカーさんもこぞってかっこいいホイール出しすぎです!

エンケイレイズもバチッと私の好みに合うようなホイール出してるんだわ!

おすすめ!輸入タイヤ直販店 オートウェイ

見てるだけで充分楽しいんだけどやっぱり、

にゃん吉
自分の車に履かせたらどうだろう?

と妄想が膨らむばかり…

鋳造製と鍛造製の選択

出典:SSR

かっこいいホイールがたくさんある中でも、製造方法が違います。それが鋳造なのか鍛造なのか

私は工業高校出身なので、鋳造も鍛造も実際にやったことがあるんですけど、どう違うかを簡単に説明すると、

  • 鋳造・・・溶かした金属を型に流して固める
  • 鍛造・・・金属の塊をたたいて(圧力をかけて)変形させる

という感じ!

 

鍛造の方が作成難易度が高く、非常に手間もかかるため高価になります。

 

その代わり、たたいて(圧力をかけて)形成するため密度が増し、鋳造と比べて格段に強度が増します。さらに、鋳造よりも細いスポークが実現可能でホイールそのものの重量も軽くなります

 

値段を差し引けば鍛造最強ですね!(SA-15Rは鋳造…)

 

現在、レイズ製のホイールのほとんどが鍛造で出来ています。

ホイールの「在り方」の最先端を行ってますね。

 

細かい部分を踏まえてどちらを選択するか?ということですが、街乗りであればどちらでも好みのホイールがある方でいいって感じです。あとはお財布と相談!

 

てももし、

サーキット走りたい

といった、より走りを楽しみたい方向であれば重量が軽く丈夫な鍛造をおすすめします。

私は街乗りで十分と考えていたので、値段とデザインのバランスが自分の中でベストマッチしたSA-15Rにしました。

ずっとRAYS ボルクレーシング G25にしようと思っていた

私が車を手にする前まで遡ります。

車買ったらこのホイール付けてー…と妄想を膨らませている中で一目ぼれしたホイールがありました。

 

それがRAYSのG25!!

輸入タイヤ直販店 オートウェイ

ただただかっこいいそのフォルムに、

にゃん吉
これしかない!車買ったら絶対に履かせる!

そう決めていました。

 

でも今は違うのを履いているわけで…

そこにはこんな理由がありました。

純正キャリパーが見えるとちょっとダサい

MikeBird / Pixabay

RAYS G25の特徴は、鍛造ならではの細いスポーク

細いスポークを採用しているわりに本数が少ないというのも鍛造ならではですね。

 

このようなホイールの場合、ブレーキディスクが丸見えになります。

 

デカいキャリパーを付けてキャリパーを見せるカタチで履ければ間違いなくかっこいいのですが、私の場合、キャリパーの交換まで視野に入っていませんでいた。

 

というのも、ENDLESS製のキャリパーなど「ガチ」なやつを付けようとすると、それはそれは目玉が飛び出るほどの金額になってしまうから。

キャリパーは純正でいいからG25を履くという手段もありましたが、やはり、個々でかっこよくても全体で見たらなんかダサい…となることを恐れて断念しました。

SA-15Rとの出会い

G25を諦めてほかのホイールを探しているとき、

この画像と出会いました。

にゃん吉
か、かっこいい!!!

他の画像もドン!

もうお気づきですね。これはエンケイのホイールです。

 

ここでまた葛藤があるわけです。

このホイールは確かにかっこいいです。私もこんな風に履きたかった。

 

しかしここまでコンケイブ(逆反り)を目立たせるには、10J以上必要

 

上の画像の86のホイールは10.5Jで、ロケバニのワイドボディ仕様です。

 

ワイドボディなしで普通にホイールを組もうとしたとき、86/BRZの限界は9.5J(後輪)です。正直これでも車高調組まないと限界超えます(笑)

 

限界を超えるというのははみ出るという意味です。

私は限界を超えた状態で走ってるので、それはそれでいいかもしれませんが…(笑)

 

そこで、10Jを超えずかつコンケイブを目立たせられるホイールはないか?と探したところSA-15Rと出会ったわけです。

9.5Jでコンケイブ具合がはっきりわかります!!

 

まぁ完全に好みで分かれるところですが、私の好きな系統はここまででわかったことでしょう。

細いスポークで本数多め / 黒色 / コンケイブ(逆反り)

こんな感じです。

 

それが見事にマッチしたのがSA-15Rというわけです。

さいごに

ホイールは決して安い物ではありません。

とことん自分のこだわりを貫き通せば、きっと「後悔しないイイ物」に出会えます。

ぜひとも妥協しないでほしいですね!

 

ホイールが決まったら次に検討したいのがタイヤ!

タイヤをお探しなら輸入タイヤ直販店 オートウェイ がおすすめ!

おすすめ記事

1

長距離ドライブってはじめは楽しいんだけど、徐々に会話が減っていってなんだか退屈になってきますよね? とくに同乗者が… そこで今回は、長距離ドライブでも退屈しない!車内でできる遊びを紹介します。 小さな ...

2

ドライブの醍醐味といったらなんといってもお菓子じゃないでしょうか?違いますか? そうですよね!? ありがとうございます。   そこで今回は、車の中でついつい食べたくなっちゃうお菓子を集めまし ...

3

どこかに出かける際、まずは駐車場探しから始まる。こんな経験はありませんか?   田舎に住んでると駐車場の心配なんてまったくする必要ないんですけど、いざ都会へ遊びに行くと困るんですよね… &n ...

-86/BRZ, タイヤ/ホイール
-, , ,

Copyright© コノジライト , 2019 AllRights Reserved.