ブログ 気になったnews

一度に6台の電気自動車を充電すると、地方で停電を招く可能性がある【英国】

投稿日:

Skitterphoto / Pixabay

スポンサーリンク

 

EV車6台同時充電で停電の可能性

英国のエネルギーネットワークは、将来のEV普及に対処するために投資と改善を必要としている。

英国のエネルギーシステムには、EV普及に対応するための緊急の投資が必要であると警告した。新しい調査によると、路上で同時に電気自動車6台を充電すると、地元の電力不足が起こる可能性がある。

 

グリーンアライアンスの報告によると、今後の電気自動車やソーラーパネルの普及に対処するため、同国のエネルギーネットワークの準備が急がれる。重要なアップグレードへの投資がない限り、電気自動車の普及は「問題の原因」であり、停電・ピーク時の不適切な発電・エネルギー法案の増加などを招く。

 

すでに、「ピーク時に、近くにある6台の車両が同時に充電を行った場合、地元の電圧低下につながる可能性がある」という報告が上がっているという。また、グリーンアライアンスによると、1回のEV充電で家庭が使用する電力を3日間で使用できるという。

 国を挙げた大プロジェクトに

Activ-Michoko / Pixabay

今日、路上にある86,169のプラグインと電気自動車は、年間出力の1%未満を消費しますが、2040年までに英国の道路では460万台以上のEVが予測されます。そうなると、電気自動車は総電力需要の約7%を占めることになる。

 

ピーク時の渋滞や停電を避けるためにグリーンアライアンスは、自動車の普及を延期するよりスマートな充電器に投資し、発電機のような大規模なエネルギープロジェクトに投資するよう政府に要請する。

 

英国の充電インフラストラクチャーが、急速に電気自動車の持ち込みに追い付いていることを強調していたため、公共の充電インフラへの投資も必要となるだろう。

 

充電器あたりのEVの割合はわずか4年間で0.78から7.34に増加しました。欧州委員会は、充電の妨害を避けるために最大比を以前提案しました。その結果、混雑の割合は10分の1でした。

 

グリーンアライアンスの報告書は次のように警告しています。

 

「英国のエネルギーシステムが現在支配している方法は、この混乱が将来の価値破壊とグリッドの逸脱につながる可能性が非常に高い。電力系統と電力市場は、大規模発電から送電網へ、次いで配電網へ、そして最終的に人々の家庭への一方向の電気の流れのために設計されています。」

 

電力の市場は改良することができます。

テクノロジーは費用効果がよい対処可能なシステムを作成するために使われることでしょう。最初に政府がエネルギー・システムを決定し役割を再評価することで、現実可能になります。

情報元:AUTO EXPRESS

 

にゃん吉
日本でもEV車がだいぶ普及しているけど、電力の供給は間に合っているのだろうか。

 

にゃん吉
原子力問題がある中で電力を十分供給するにはやはり、自動車側の電力消費の低減が必要不可欠ということですね。

 

おすすめ記事

1

長距離ドライブってはじめは楽しいんだけど、徐々に会話が減っていってなんだか退屈になってきますよね? とくに同乗者が… そこで今回は、長距離ドライブでも退屈しない!車内でできる遊びを紹介します。 小さな ...

2

ドライブの醍醐味といったらなんといってもお菓子じゃないでしょうか?違いますか? そうですよね!? ありがとうございます。   そこで今回は、車の中でついつい食べたくなっちゃうお菓子を集めまし ...

3

どこかに出かける際、まずは駐車場探しから始まる。こんな経験はありませんか?   田舎に住んでると駐車場の心配なんてまったくする必要ないんですけど、いざ都会へ遊びに行くと困るんですよね… &n ...

-ブログ, 気になったnews
-

Copyright© コノジライト , 2019 AllRights Reserved.